農機具共済

ホーム > 災害共済金のお支払い

災害共済金のお支払い

お支払する共済金は、新調達価額に対する加入共済金額の割合によって異なります。

災害共済金の支払例

災害共済金 損害の額 ×
共済金額
新調達価額

例:新調達価額500万円のトラクターが衝突して、修理代が50万円の場合

格納中以外の事故の削減割合10% 注1)
50万円×10%=5万円
50万円-5万円=45万円(損害額)
注1)共済事故の内容により削減割合が適用されます。

共済金額500万円(臨時費用担保特約付)に加入の場合

災害共済金
45万円×500万円/500万円=45万円
臨時費用共済金
22.5万円×10%=2.25万円

共済金額250万円(臨時費用担保特約付)に加入の場合

災害共済金
45万円×250万円/500万円=22.5万円
臨時費用共済金
22.5万円×10%=2.25万円

中古購入額250蔓延(付保割合条件付実損填補:約定割合50%)で加入の場合

災害共済金
45万円×250万円/500万円×50%=45万円

農機具事故発生時の注意事項

①農機具事故発生日から1年以内に復旧(修理または買い替え)しない場合は、時価損害額での支払いとなります。

②契約期間中に加入農機具を買い替えた場合は必ずご連絡ください。(加入機種変更の連絡がない場合、共済事故があっても共済金の支払い対象になりません。)

共済事故により修理した部品の保存をお願いします。
共済事故の確認の際、事故状況の聞き取り、損害部品、事故原因となった現物(異物の巻き込みをした物等)を確認します。修理した部品は確認まで保存しておいてください。

共済事故の内容により削減割合が適用されます。(注1)

表1

通常すべき点検整備、保守・管理及び操作を行っていれば損害の防止又は軽減をすることができたと認められる場合 削減割合(%)
整備・点検不良により生じた共済事故 30%
搬送時又はトレーラー等に積み込み、積み降ろし時の共済事故 40%
運転席を離れている間に機体が動き出したことによる共済事故 50%
公道上での法令違反等により生じた共済事故 100%

表2

事故形態により、損害の防止又は軽減をすることができたと認められる場合 削減割合(%)
格納場所以外で発生した盗難による盗取又はき損 20%
作業機がぬかるみにはまり、引き上げる際機体に生じた損害 30%
収穫物の巻き込みにより生じた損害 30%

表3

損害の額を削減する部位又は部品 削減割合(%)
コントロールボックス、コンピュータ、センサー類 30%
クローラ、アイドラー等走行部 40%
刈刃、受刃、ナイフ等類 40%

表4

損害の額を削減する共済事故 削減割合(%)
格納中以外の事故 10%

(注1)削減割合が適用される共済事故事由が複数ある場合は、表1から表3の中で最も高い削減割合及び表4を合算して適用する。

事故発生後すぐにNOSAIにご連絡ください

事故発生の連絡が遅れますと共済金の一部又は、全額が支払対象になりません。

通知の延滞期間 削減割合
1 事故発生後3か月以上 10%
2 損害発生通知の遅延により損害評価が不可能な場合
又は損害を復旧している場合(注1)
100%
共済事故又は事故事由 割合(%)
火災、落雷、物体の落下又は飛来、破裂又は爆発、鳥獣害、第三者行為による不可抗力のき損、台風、旋風、突風、暴風雨、洪水、豪雨、高潮、降ひょう、雪崩等の雪害、土砂崩れ、崖崩れ、地滑り、その他これらに類する自然災害 100
火災、衝突、接触、墜落、転覆、異物の巻き込み、盗難による盗取又はき損 80
  1. クローラ及びアイドラー等走行部(クローラフレームを含む)に生じた損害
  2. 収穫物の巻込みの事故で、コンバイン等の中に詰まらせ刈取部、脱穀部、排出部を破損した損害
  3. 作業機がぬかるみにはまり、引き上げる際機体に生じた損害
  4. 整備不良、部品のゆるみ、脱落、キャップの締め忘れ、工具等の置き忘れ等により生じた共済事故
  5. 接触又は異物の巻込みの事故で、コントロールボックス、コンピュータ、センサー類に生じた損害
  6. 接触又は異物の巻込みの事故で、エンジン、トランスミッション(デフミッション、PTOミッション、及びHST、CVT無段変速機含む)に生じた損害
  7. 刈刃又は受刃などを破損した事によって生じた損害
  8. 運転席を離れている間に機械が動き出したことによる共済事故
  9. 搬送時若しくはトレーラー等に積み込み、積み降ろし時の共済事故
60

事業紹介

福島県農業共済組合(NOSAI福島)
〒960-8031
福島県福島市栄町6番6号
NBFユニックスビル6F