建物共済

ホーム > 特約による補償

特約による補償

新価特約 火災共済、総合共済それぞれに付帯して加入できます。
加入条件があります。
建物共済は、建築してからの年数に応じて減価償却した額を差引いた残りの額(時価額)をもとに補償しますが、現在引き受けた建物と同じ建物を再建築するのに必要な額(再取得価額)での補償となります。
臨時
費用
担保
特約
臨時
費用
共済金
火災共済、総合共済それぞれに付帯して加入できます。(10%、20%、30%から選択)
建物等に支払う共済金(損害共済金)とは別に、損害共済金の10〜30%を加入状況に応じ臨時費用共済金として支払います。
1事故、1建物ごとに250万円が限度
死亡・後遺障害費用
共済金
火災等の事故により被害の日から200日以内に死亡又は後遺障害を被ったときに、臨時費用共済金のほかに1名ごと共済金額の30%を死亡・後遺障害費用共済金として支払います。
1事故、1名ごとに200万円限度
小損害実損
てん補特約
損害額が30万円以下の小損害の場合、実損害額を補償します。(地震は除く)
<<1棟当たり1,000万円以上加入の場合に付帯することができます。>>
※掛金は割増になります。
費用共済金
不担保特約
火災共済、総合共済それぞれに付帯して加入できます。
この特約を付すと、主契約に含まれている費用共済金(「残存物取片付け費用共済金」、「地震火災費用共済金」、「特別費用共済金」、「損害防止費用共済金」、「失火見舞費用共済金」)の支払いができなくなります。
自動継続特約 火災共済、総合共済に加入するときに付帯して加入できます。
契約内容のまま自動的に10年を限度として継続します。2年目以降の申込手続きが不要となります。

事業紹介

福島県農業共済組合(NOSAI福島)
〒960-8031
福島県福島市栄町6番6号
NBFユニックスビル6F