畑作物共済

ホーム > 補償方式(引受方式)

補償方式(引受方式)

農家の経営実態にあわせて次表の方式のうち、組合が事業規程で定めた方式・引受割合の中から農家が選択することになります。

共済目的
の種類
類区分 引受方式 引受割合 内容
ばれいしょ 2類 全相殺方式 9割、8割、7割 農家ごとの減収量が、その農家の基準収穫量の1割(2割、3割)を超えるときに共済金を支払う方式
全相殺方式加入資格者に限る
4類
9類 地域インデックス方式 当該年産の統計単収が基準統計単収を下回った場合、その差が基準統計単収の1割(2割、3割)を超えるときに共済金を支払う方式
大豆 1類 全相殺方式 9割、8割、7割 農家ごとの減収量が、その農家の基準収穫量の1割(2割、3割)を超えるときに共済金を支払う方式
全相殺方式加入資格者に限る
半相殺方式 8割、7割、6割 被害耕地ごとの減収量の合計が、その農家の基準収穫量の2割(3割、4割)を超えるときに共済金を支払う方式
一筆方式 7割 被害耕地ごとの減収量が、その耕地の基準収穫量の3割を超えるときに共済金を支払う方式
一筆方式は2021年産までで廃止されます。
6類 地域インデックス方式 9割、8割、7割 当該年産の統計単収が基準統計単収を下回った場合、その差が基準統計単収の1割(2割、3割)を超えるときに共済金を支払う方式
7類
そば 2類 全相殺方式 8割、7割、6割 農家ごとの減収量が、その農家の基準収穫量の2割(3割、4割)を超えるときに共済金を支払う方式
全相殺方式加入資格者に限る
3類 地域インデックス方式 9割、8割、7割 当該年産の統計単収が基準統計単収を下回った場合、その差が基準統計単収の1割(2割、3割)を超えるときに共済金を支払う方式
4類
蚕繭 1類 全相殺方式 8割、7割、6割 農家ごとの減収量が、その農家の基準収穫量の2割(3割、4割)を超えるときに共済金を支払う方式
全相殺方式加入資格者に限る
5類
6類
8類
9類

全相殺方式加入資格者とは・・・
生産量のおおむね全量(95%以上)を過去5年間において、生産量の資料提供について協力を得られるJA等に出荷しており、今後も おおむね全量をJA等に出荷することが確実であると見込まれる者
または、農作物に係る出荷数量がその者の青色申告書及びその関係書類により正確に確認できる者

事業紹介

福島県農業共済組合(NOSAI福島)
〒960-8031
福島県福島市栄町6番6号
NBFユニックスビル6F