農機具共済

ホーム > 事業紹介 > NOSAIとは > NOSAI制度 > 農機具共済

加入できるもの(共済目的)

○加入資格者の所有又は管理する未使用の状態で取得された農機具であって、新調達価額(標準小売価額)が5万円以上のもの。

○中古で購入した農機具(他人が使用したのち取得した農機具)は、付保割合条件付実損てん補特約を付帯して加入できます。

加入できる農機具の種類等は下記一覧表参照。

加入資格者とは

  • 水稲又は麦の耕作、養蚕、牛、馬又は豚につき養畜の業務を営む者
  • 果樹、畑作物共済において、その共済目的の種類としている果樹、農作物につき栽培の業務を営む者
  • 特定園芸施設を所有し、又は管理する者で農業を営む者
  • 共済目的を所有し、または管理する者で農業を営む者

農機具共済の種類と支払対象の事故(共済事故)

総合共済・更新共済(火災共済の補償も含む)

総合共済・更新共済

火災共済

火災共済

農機具の種類等一覧

アタッチメント
機種 耐用年数
原動機 モーター 7年
エンジン
耕うん
整地用
機具
乗用トラクター、ロータリー、除雪機
耕うん機、管理機(ティラー含む)、抜根機、溝掘機(多目的田植機等アタッチメントを含む)、畝立機、ハロー、プラウ、ローター、溝切機、バケット、バックホー、サブソイラー、ローラー、せんこう機、トレンチャー、リヤグレイダー、エアーインジェクター、整形板、整地板、心土破砕機、レーザーレベラー
栽培
管理用
機具
乗用田植機、乗用移植機、多目的田植機(植付部・直播部含む)、畦塗機、自走式残幹処理機、マルチャー、畦塗機、畝削機、培土機、ハンマーナイフ、揚水機、チェンバー、シーダーマルチ、残幹処理機
歩行用田植機、移植機、中耕除草機(多目的田植機等アタッチメントを含む)、草刈機、堆肥散布機、施肥播種機、石灰散布機、肥料散布機、育苗機、自走式草刈機、ブロードキャスター、追肥機、ライムソアー、移植機、施肥機、マニュアスプレッタ、バキュームシーダ、播種機
簡易揚水機、乗用管理機
防除用
機具
スピードスプレヤー、スプレヤー
噴霧機、散粉機、土壌消毒機、ミスト機、ブームスプレヤー、噴霧機、土壌消毒機
収穫
調整用
機具
コンバイン、バインダー、ハーベスタ、脱粒機、もみすり機、乾燥機、米選機、粒選機、刈取機、脱穀機、とうみ、ビーンスレッシャー
精米機、精麦機、押し麦機、製粉機
収穫機、高所作業機、わら処理カッター、大豆収穫機、溝取収穫機、堀取収穫機
乗用作業台車
畜産用
機具
飼料粉砕機(粉末機含む)、動力カッター、自走式フォーレージハーベスター、コーンハーベスタ、飼料配合機、バインダー、カッター
育すう機、ふらん機、搾乳機、牛乳冷却機、自動給餌機、自動給水機、モア、コーンプランター、給餌機
牧草梱包機、牧草拡散機、ラッピングマシーン、牧草押潰機、フォレージブローア、フロントローダー、バキュームカー、自走式ヘーベーラ、ヘーメーカ、ヘーベーラ、ヘーテッター、ヘーレーキ、ヘーコンディショナー、ベールクラブ、カティングロール
蚕繭用
機具
自動収繭機、条払機、繭毛羽取機
自動給桑機
わら
加工用
機具
わら加工機、縄ない機
果樹
野菜用
機具
野菜洗浄機
選果機
運搬用
機具
自走式トレーラー、自走式フロントローダー、キャリア、ダンプ、ワゴン、トレーラー
その他 除雪機
低温貯蔵庫

補償期間(共済責任期間)

火災共済・総合共済

加入者から共済掛金等の払込みを受けた日(共済証券にこれと異なる共済責任期間の開始日が記載されているときはその日)の午後4時から1年間です。

更新共済

3年から7年の期間で農機具の耐用年数の範囲内で選択した期間です。

未使用の状態で取得してから1年以上経過した農機具については、当該農機具の耐用年数からすでに経過した年数を差引いた年数の範囲内の期間になります。

補償金額(共済金額)

火災共済・総合共済

1台当たり新調達価額を上限に5万円~1,500万円まで

更新共済

1台当たり新調達価額を上限に5万円~1,500万円まで
共済掛金を積み立てて減価共済金(満期共済金)を受け取ることができます
(ただし、共済金額が上限となります)

特約による補償

付保割合条件付
実損てん補特約
 火災共済、総合共済に付帯して加入することで、新調達価額(標準小売価格)に対しての加入割合(約定割合)を選択して加入いただくことで、共済金額まで実損てん補する特約です。
中古購入農機具は、この特約を付帯しなければ加入することができません。
○約定割合は30%~100%まで、10%刻みに加入申込み時に選択できます。
○この特約を付けた場合の共済金額は、下記の金額が上限となります。
①新品で購入した農機具…標準小売価格
②中古で購入した農機具…購入額又は時価額のいずれか低い額
臨時費用担保特約 火災共済、総合共済、更新共済それぞれに付帯して加入できます。
○臨時費用共済金
災害共済金とは別に、その損害に伴う臨時の費用として、共済金額に損害割合の10%を乗じた額を臨時費用共済金として支払います。

○傷害費用共済金
共済事故により死亡又は後遺障害を被ったとき又は入院加療を要したときは、臨時費用共済金のほかにこれらに伴う費用に対して支払います。
○臨時費用共済金 = 共済金額 ×(損害割合×10%)
○傷害費用共済金 
・死亡、後遺障害の場合(200日以内)
 共済金額 ×30% … 1名ごと1回の事故につき50万円限度
・入院加療30日以上の場合
 共済金額 ×5% … 1名ごと1回の事故につき20万円限度
傷害費用共済金支払いの対象者は、加入者、加入者と同じ世帯に属する親族、加入者の使用人となります。
地震等担保特約 火災共済、総合共済、更新共済それぞれに付帯して加入することができます。
地震等(地震及び噴火並びにこれらによる津波)によって損害が発生した場合に地震等災害共済金を支払います。
ただし、損害の額が新調達価額の5%に満たない場合は支払対象となりません。
地震等災害共済金
(50%縮小担保による支払)
損害の額 ×
(共済金額 × 50%)
新調達価額
自動継続特約 火災共済、総合共済それぞれに付帯して加入することができます。
この特約を付した農機具は、満了する契約内容と同じ内容で契約を自動継続いたします。
中古購入農機具の場合にあっては、購入価額又は継続時の時価額を基準とした額で継続されます。
なお、共済責任期間中に農機具を入替えした場合でも適用されます。

共済掛金

火災共済・総合共済

共済掛金共済金額×掛金率

更新共済

共済掛金= (共済金額×掛金率) + (減価共済金額×減価共済掛金率)

共済掛金表

火災共済

加入共済金額 100万円 200万円 300万円 400万円 500万円 1,000万円 1,500万円
共済掛金 特約なし 1,200 2,400 3,600 4,800 6,000 12,000 18,000
臨費特約 1,330 2,660 3,990 5,320 6,650 13,300 19,950
地震等特約 2,450 4,900 7,350 9,800 12,250 24,500 36,750
臨費+地震等 2,580 5,160 7,740 10,320 12,900 25,800 38,700

総合共済

無事故割引・有事故割増料率制度の基本等級(8等級)の金額です。
加入共済金額 100万円 200万円 300万円 400万円 500万円 1,000万円 1,500万円
共済掛金 特約なし 5,200 10,400 15,600 20,800 26,000 52,000 78,000
臨費特約 6,000 12,000 18,000 24,000 30,000 60,000 90,000
地震等特約 6,226 12,452 18,678 24,904 31,130 62,260 93,390
臨費+地震等 7,026 14,052 21,078 28,104 35,130 70,260 105,390

更新共済(初年度の金額)

上段・基本掛金/下段・臨費特約付き
加入の組合せ 共済責任期間
加入共済金額万円 加入減価共済金額万円 3年 5年 7年
100 50 175,192 10,8792 80,342
175,992 10,9592 81,142
100 339,100 206,300 149,400
339,900 207,100 150,200
200 100 350,385 217,585 160,685
351,985 219,185 162,285
150 514,292 315,092 229,742
515,892 316,692 231,342
200 678,200 412,600 298,800
679,800 414,200 300,400
500 100 384,240 251,440 194,540
388,240 255,440 198,540
250 875,962 543,962 401,712
879,962 547,962 405,712
500 1,695,500 1,031,500 747,000
1,699,500 1,035,500 751,000
1,000 400 1,424,110 892,910 665,310
1,432,110 900,910 673,310
700 2,407,555 1,477,955 1,079,655
2,415,555 1,485,955 1,087,655
1,000 3,391,000 2,063,000 1,494,000
3,399,000 2,071,000 1,502,000
1,500 500 1,808,350 1,144,350 859,850
1,820,350 1,156,350 871,850
1,000 3,447,425 2,119,425 1,550,425
3,459,425 2,131,425 1,562,425
1,500 5,086,500 3,094,500 2,241,000
5,098,500 3,106,500 2,253,000

加入共済金額と加入減価(満期)共済金額の組合せは、加入者の希望に応じたものにできます。
地震等担保特約を付帯することもできます。

無事故割引・有事故割増料率制度について

1.全ての加入機種(総合共済のみ)1台ごとに共済金支払いの有無により、掛金の割引・割増を行います。

2.初めて加入される場合は、基本等級(8等級)が設定されます。(制度導入初年度も同様)

3.前2年間に割増対象事故の共済金のお支払いがなかった場合、無事故割引が適用され、等級が下がります。

4.割増対象事故は、衝突・接触・墜落・転覆・異物の巻込み・その他稼働中の事故(稼働中における火災・破裂・爆発を含む)としています。

5.前責任期間中に共済事故によって支払いがあった場合は、掛金が異なる場合があります。

災害共済金のお支払い

お支払する共済金は、新調達価額に対する加入共済金額の割合によって異なります。

災害共済金のお支払い

損害の額 損害額
復旧最低額
× 共済事故事由

支払割合 注)1
格納中以外の事故不てん補額

(損害額×10%)注)2
災害共済金 損害の額 ×
共済金額
新調達価額
付保割合条件付実損てん補特約を付帯した場合
災害共済金 損害の額 ×
共済金額
新調達価額 × 約定割合(%)

臨時費用担保特約を付帯した場合

臨時費用共済金 共済金額 × (

損害の額
新調達価額

× 10%)

傷害費用共済金
(死亡・後遺障害)
共済金額 × 30%
傷害費用共済金
(入院加療30日以上)
共済金額 × 5%

注)1 共済事故及び事故事由等による基準により、支払われる割合が異なります。

注)2 格納中の事故とは、証券に記された格納場所に農機具があったときの事故です。ただし、農機具の主電源を入れた時点およびエンジンを始動した時点では、稼働中と判断し、格納中以外の事故となります。

注)3 損害発生の通知を遅滞した場合は、災害共済金の全部または一部をお支払えないことがあります。

※復旧義務があります。

損害が発生した場合には1年以内に修理し、復旧しなければなりません。
復旧を行わなかったときの損害の額は、時価損害額となります。

損害発生通知の遅滞による免責基準

遅延の日数 免責割合(%)
事故発生後1か月以上3か月未満 10
事故発生後3か月以上6か月未満 20
事故発生後6か月以上 30

共済事故及び事故事由等による支払割合

共済事故又は事故事由 割合(%)
火災、落雷、物体の落下又は飛来、破裂又は爆発、鳥獣害、第三者行為による不可抗力のき損、台風、旋風、突風、暴風雨、洪水、豪雨、高潮、降ひょう、雪崩等の雪害、土砂崩れ、崖崩れ、地滑り、その他これらに類する自然災害 100
火災、衝突、接触、墜落、転覆、異物の巻き込み、盗難による盗取又はき損 80
  1. クローラ及びアイドラー等走行部(クローラフレームを含む)に生じた損害
  2. 収穫物の巻込みの事故で、コンバイン等の中に詰まらせ刈取部、脱穀部、排出部を破損した損害
  3. 作業機がぬかるみにはまり、引き上げる際機体に生じた損害
  4. 整備不良、部品のゆるみ、脱落、キャップの締め忘れ、工具等の置き忘れ等により生じた共済事故
  5. 接触又は異物の巻込みの事故で、コントロールボックス、コンピュータ、センサー類に生じた損害
  6. 接触又は異物の巻込みの事故で、エンジン、トランスミッション(デフミッション、PTOミッション、及びHST、CVT無段変速機含む)に生じた損害
  7. 刈刃又は受刃などを破損した事によって生じた損害
  8. 運転席を離れている間に機械が動き出したことによる共済事故
  9. 搬送時若しくはトレーラー等に積み込み、積み降ろし時の共済事故
60

事業紹介

福島県農業共済組合(NOSAI福島)
〒960-8031
福島県福島市栄町6番6号
NBFユニックスビル6F