最新情報

ホーム > 被災された方へ NOSAIと国が損害を補償・支援します

被災された方へ NOSAIと国が損害を補償・支援します
  • お知らせ

被災された方へ
NOSAIと国が損害を補償・支援します
 昨年の台風19号は県内に大雨をもたらし、河川の氾濫や土砂災害、強風による被害などが発生しました。被災された皆様に対しまして心よりお見舞いを申し上げます。
 台風による大雨で、田畑では農産物やハウス、果樹、農機具などが流失・冠水しました。また、収穫後の農産物が倉庫の浸水により被災するなど、農業関連も甚大な被害を受けました。NOSAIでは、農業共済と収入保険の両制度で農家の皆様の経営を守ります。
農業共済制度による補償
 組合員の方が収穫前の水稲や麦、大豆、果樹、家畜、園芸施設、建物、農機具などに被害を受けられた場合は、被害申告をしていただきます。NOSAIでは損害評価を行い、被害額を算定して共済金をお支払いします。

県内の被害状況
(令和元年度12月末現在)
・水  稲 106,594アール
・果  樹 9,758アール
・園芸施設 567棟
・家畜(死廃事故) 1,001頭
   (病傷事故) 15,538件
・建  物 272棟
・農 機 具  977台

収入保険制度による補償
 昨年1年間の収入が確定し、確定申告が終了してから保険金の算定を行います。期間中、収入が減少するような事象が発生した場合は、事故発生の通知をお願いしています。

●年度をまたぐ農産物・周年栽培の果樹、継続加入で2年間にわたり補償
 事故発生通知は、昨年の減収分に対する保険金等の支払いに必要になるほか、昨年作付けし、今年収穫・販売する予定だった農産物が被害を受けた場合、組合に事故発生を通知し継続加入することで、翌年の減収分として引き継ぐことができます。減収が見込まれると思ったら、すぐに事故発生のご連絡をお願いします。
 また、災害により保険金等の受取りが見込まれる場合で、早期に運転資金が必要になった場合は、全国農業共済組合連合会から「つなぎ資金」を受けることができます。つなぎ資金は無利子で、後日、保険金等と精算されます。

国の支援策
 国は、昨年の台風など一連の豪雨・暴風災害に対し、被災者の事業再建に向けた経済的支援をしています。10月の台風19号に関しては、新たな支援策も追加されました。その主な内容は次のとおりです。

【稲作の営農再開、作付の継続】
・米を保管した倉庫などが浸水し出荷できなくなった場合の営農再開支援
 土づくりやがれき撤去など = 10アール当たり7万円
収入保険や建物共済の特約への加入が要件となります。

・大規模な浸水を受けた稲作の継続
 土づくり = 同1万円
 圃場整備の作業委託や機械レンタル = 経費の半額
収入保険や農作物共済への加入が要件となります。

【停電の影響による被害からの早期営農再開】
●農作物の営農再開

・被災した農作物の残さの撤去 = 10アールあたり1,500円
・野菜等の植え直しに必要な種や苗代 = 費用の半額
・生育回復に向けて追加的に必要となる農薬・肥料の購入 = 費用の半額

【浸水被害を受けた果樹園の早期復旧】
●泥水被害を受けた園地の改植支援

・省力樹形の場合の改植経費
 リンゴの新わい化()栽培導入 = 10アール当たり53万円
従来のわい化より高密植し、樹をコンパクトに抑えながら収量をあげていく栽培
 梨やモモなどのジョイント栽培 = 同33万円
収入保険や果樹共済への加入が要件となります。

 経営面積の大部分が改植となる場合
・早期成園化に向けた大苗育成
・成園化までの収入を確保する代替農地での営農
・営農再開に向けた省力技術の研修

 これらにより、10アール最大で75万円が上乗せされます。
5年間の取り組みを前提に採択初年度に交付されます。
収入保険や果樹共済への加入が要件となります。

●改植を逃れた園地でも
・樹体に付着した泥の洗浄、樹勢回復 = 10アール当たり7万4千円
・病害まん延防止 = 同2万円
収入保険や果樹共済への加入が要件となります。

【農業用機械や畜舎の再建、修繕、再取得】
 台風19号の被害に限り、国からの補助率が通常の3割から5割に引き上げられ、さらに地方自治体が上乗せします。
・作物の転換、規模拡大 = 農機のリース導入の支援、農業用ハウスの復旧費用の助成

【被災したハウスの撤去】
・部材の撤去費用や土砂の除去費用 = 園芸施設共済加入者は費用の半額、未加入者は3割の額が支援されます。

 国の支援を受けるためには、農業保険(収入保険や農業共済)に加入していることが要件になっているものもあります。また、農業保険に加入することで、助成額が高くなる支援策もあります。これからも農業経営安定のために、農業保険に加入しましょう!

稲わらやごみが、収穫前の稲を覆いました
(2019年10月13日、いわせ石川支所管内)

強風で倒壊したハウス
(同10月15日、会津支所管内)

台風19号で冠水した大豆の圃場を見回り調査する役員
(同10月18日、相馬支所管内)

福島県農業共済組合(NOSAI福島)
〒960-8031
福島県福島市栄町6番6号
NBFユニックスビル6F