最新情報

ホーム > 果樹病害の防除を徹底しましょう!!

果樹病害の防除を徹底しましょう!!
  • お知らせ

果樹病害の防除を徹底しましょう!!
 昨年の秋は例年に比べ台風等の影響により雨が多く、モモせん孔細菌病やナシ黒星病にとっては感染に好適であったため、病原菌の越冬量が増加しています。
 春の防除対策を徹底して、病害の発生を抑えましょう。
モモせん孔細菌病
 モモせん孔細菌病菌は、前年秋期に枝に感染し、翌春に重要な伝染源となる春型枝病斑を形成します。春型枝病斑の発生が多く、5月~6月に降雨が多いと、葉や果実に感染し、収量や品質が低下する恐れが高まります。

春型枝病斑は開花頃から発生しますので、見つけ次第せん除し、他の部位への感染を防ぎましょう。
春型枝病斑の発生は7月頃まで続きますので、園地を定期的に見回り、せん除を行いましょう。
薬剤散布は、開花前の無機銅剤(ボルドー)と落花以降の抗生剤等の薬剤散布を、各地域の防除暦に従って徹底しましょう。感染は風雨により助長されるので、降雨前の薬剤散布が効果的です。


▲モモせん孔細菌病
モモせん孔細菌病春型枝病斑の主な症状
枝の表面が褐色に変色し、亀裂が発生するなど

ナシ黒星病
 ナシ黒星病菌は、葉や芽に感染し、越冬します。
 そして翌年の4月中旬頃から5月下旬頃まで、罹病落葉から子のう胞子が飛散します。芽で越冬した病原菌は、果(花)そう基部に病斑を形成します。
子のう胞子の飛散は、降雨の際に増加します。4月から5月は降雨前の薬剤散布を心掛けましょう。
園地内及び周辺の罹病落葉は伝染源となりますので、できる限り処分しましょう。
最も感染しやすい時期は、開花期です。開花前後の薬剤散布は、10日以上空けないように、250ℓ/10aを目安に十分量を散布しましょう。
果(花)そう基部は、葉や果実への感染源となりますので、見つけ次第せん除して処分しましょう。鱗片の脱落が悪い果(花)そう基部は発病している可能性が高いので、特に注意しましょう。

▲ナシ黒星病果(花)そう基部発病部位

▲ナシ黒星病

ナシ黒星病菌子のう胞子飛散消長

(令和元年度福島県農業総合センター果樹研究所調査 調査地:福島市平野
 胞子の飛散は4月2半旬から5月6半旬まで確認されました。
 降雨後に胞子が飛散する現象が改めて確認されました。
ナシ黒星病菌子のう胞子飛散消長調査グラフ
(情報提供:福島県農林水産部環境保全農業課)

福島県農業共済組合(NOSAI福島)
〒960-8031
福島県福島市栄町6番6号
NBFユニックスビル6F